速乾でドライヤー時短に!ハホニコ(ヘアドライマイクロファイバータオル)Amazonの悪い口コミをレビュー・おすすめの使い方

ヘアケア ハホニコ ヘアドライ マイクロファイバータオル 速乾 速く乾く ドライヤー 時短に Amazon 悪い 口コミ レビュー おすすめ 使い方 商品ヘアケア
ママの時短美活ノートとは

美活なんて全然キャラじゃない、the O型プチプラユーザーが、出産を機に、「これじゃアカン!少しはマシに、いや、できればキレイになりたい!!」と一念発起し、忙しい子育ての中で、時短な美容をどうにか取り入れられないか模索していくノンフィクションだよ~

元々キラキラ系の美容女子への憧れとか1ミリもないから、インスタグラマーとかが教えてくれないような30代のリアル・本音をぶっちゃけるんで、そこんとこ、よろしく!(๑•̀ㅂ•́)و✧

前回、時短にオールインワンシャンプーが最高だよって記事を書いたんだけど、その番外編として紹介したハホニコ。

水を吸っても軽くてふっかふか、底なしの吸水力で髪の速乾にだいぶ貢献してくれているイチオシの愛用品です( ー`дー´)キリッ

ところが、Amazonのレビューを見て、ビックリ!え、こんな使いやすいのに、低評価の人いるんだーΣ( ̄ロ ̄lll) って言っても、4.1/5って総合的には十分高評価なんだけどね(;´∀`)

そのコメントを見ると、「あー、なるほどね~。わかる、わかる。けど、そうじゃないのよー。こう使うのよー。」って思うことばかり・・・

だいたい低評価のコメントをまとめるとこんな感じ↓
  • サイズが短くて、ターバンのように頭に巻けない
  • ドライヤー時間短縮にならなかった
  • 吸水性が普通のタオルと変わらない
  • 乾きにくく、生乾きのような匂いがとれない
  • 美容師が「マイクロファイバーは手が乾燥して荒れるから使わない」と言っていたから、表記が偽り

実は、全部ちょっとしたコツをつかめば解決できるのにーもったいない~ってことで、これから買う人はもちろんだけど、持ってるけど使ってないって人に、届け!この想い・・・(⋈◍>◡<◍)。✧♡

「サイズが短くて、ターバンのように頭に巻けない」の解決策

パッケージの裏に「ロングヘアもショートヘアも余裕のひとまき」って書いてあると、ターバン巻きできると思うよね!普通!!

ヘアケア ハホニコ ヘアドライ マイクロファイバータオル 速乾 速く乾く ドライヤー 時短に Amazon 悪い 口コミ レビュー おすすめ 使い方 ターバン 巻き
ご存じ、ターバン巻き

結論、やりにくい、というかもうできない、と言い切っていいと思うレベル(;^_^

確かに、”ひとまき”はできるけど、髪を包んだタオルをグルグルねじって、タオルの端をタオルの内側にねじ込むターバン巻きには、絶対的に長さが足りなすぎる!

無理矢理タオルの先っぽを内側に入れ込めたとしても、落ちてこないようにキープするのはかなり難しい。ターバン巻きしてスキンケアをして、子どもの着替えを手伝ったりってアチコチ動き回ったら、ほどけること間違いなし!w

解決策は、ターバン巻きしない!!www(ま、巻けるに越したことないんだけどねー( ̄▽ ̄;))

で、もっとゆるやかに巻く(╹◡╹)Amazonのレビューの中にはターバン巻きに長さが足りないことで美容師監修を疑う声もあったけど、思い出してほしい!美容師さんて絶対グルグルねじらないから!!笑

巻き方にコツがあって、1つは、ねじらないこと。ただでさえふかふかの厚めのタオルだから、グルグルすると、すごい勢いで短くなって、もうどこにも止まらない(^^;

もう1つは、襟足の中心とタオルの中心をずらすこと。タオルの先端がおでこにくるように、少し中心をずらして巻くと、最大限の長さを使える。そして、(セミロング以上の人は、髪の先がタオルからはみ出ていても気にせず)いい感じに髪をタオルで包んで、そのまま後ろに持っていくと、タオルの先がちょうど襟足の中心に来るから、(長くはみ出た髪の毛も一緒に)タオルの内側に入れれば、完成!!

ターバン巻きみたく、重力に逆らってないから、意外とほどけないんだよね~((o(´∀`)o))

ヘアケア ハホニコ ヘアドライ マイクロファイバータオル 速乾 速く乾く ドライヤー 時短に Amazon 悪い 口コミ レビュー おすすめ 使い方 巻き方
おすすめの巻き方

ターバン巻きの良い点は、グルグルねじることで、雑巾絞りのように髪の水分を取る状態を、手放しで続けられるということ。ただ、この巻き方だと、ねじって絞れない分、そこまで効果を感じることはないかなー…

これらを踏まえて、結論、ハホニコは、タオルドライ専用として使うのがおすすめ。

そもそも、髪の水分の取り方には、2段階あると思う。最初におおまかな水分を絞り取って、次に髪と髪の間に空気を入れて乾かすフェイズ。ここでいうターバン巻きは、絞り取るフェイズの延長で、ぶっちゃけ、どんなタオルでもあまり変わらないと思う。

髪が長くて多いと、毛束が太いから、タオルで巻いた外側から絞り取れる水分の量ってたかが知れてて、普通のタオルである程度吸収できる量だと思うんだよね。

問題はそこから先で、ターバン巻きを終えて、さあ本格的に乾かそうってフェイズで、大抵のタオルは、湿って重く冷たくなってる…

ここで、ハホニコの出番よ°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

ふわっふわで、まだ全く水分を含んでいないハホニコに、全力で吸わせちゃるぞーって感じで、ばっさばっさタオルドライしていく!

といっても、ひたすら髪をこすり合わせて傷めていくんじゃなくてw、頭皮を洗うときのように、指の腹で前後・左右と、髪と髪の間に空気を入れる感じと、ギュって掴んで吸わせてをひたすら繰り返す!

大事なのは根元だから、傷みやすい毛先はほとんど触らないし、パッケージ裏の「髪にひっかかりにくいパイルカット仕上げ」=髪は傷まないくらいに思って、無心にやり続けると、髪同士がパラパラして軽くなっていくのを感じるはず(゚∀゚)

そこまでやっても、ハホニコが濡れたーって感じはなく、湿ってはいるけど、軽くてふわっふわ。一体どんだけ吸わせればビショビショになるよの~ってちょっと実験してみたくなるレベルwww

タオルドライ専用にすることで、複数人で使えて、長めのショートみたいな髪型をしているうちの2歳男児に至っては、ドライヤーいらなくない?って感じ’`,、(‘∀`) ‘`,、

実際使うと、どんだけタオルドライしてもへこたれません!限界はありません!!って気合いが伝わってくると思うから、ぜひ試してほしいー( ;゚皿゚)ノシΣバンバン!!

「ドライヤー時間短縮にならなかった」の解決策

もう、すでに勢い任せに語っちゃったね、、、

「普通のタオルと同じように使って、ドライヤー時間が短縮できるのかと思ったのに」って言われるとごもっともです…って感じなんだけど、ちゃんとタオルドライして、タオルのポテンシャルを最大限引き出してから、比べてみてほしい・・・!普通のタオルにはできないことができるスゴイ子だから!!( ;∀;)←誰おまwww

「吸水性が普通のタオルと変わらない」の解決策

さらに重複って感じだね(;^ω^)

あとは、柔軟剤を使うと、基本的にすべての布は吸水性落ちるって言われてるよ!

柔軟剤でタオルが柔らかくなるのは、繊維の表面に薄い油膜を張ってコーティングしているような状態で、それが邪魔をして吸水性が悪くなることがあるらしい…詳しくは「タオル 柔軟剤 吸水性」とかで調べてみてねー

ちなみにうちは、わざわざ下着やタオル、ハホニコだけ柔軟剤を入れずに洗うの面倒だと思って、液体洗剤やめちゃった(∀`*ゞ)テヘッ

もとは全て部屋干し派だった夫が、いろんなメーカー試して一番匂わなかったボー○ドを使ってたんだけど、勝手に全商品にレ○アって柔軟剤を入れちゃって、えー頼んでないんですけどー!!って(笑) そもそも、液体の合成洗剤は洗浄力が強いから、柔軟剤成分を入れないと仕上がりが酷いから仕方ないらしいね…(´・ω・`)

かと言って、有名タオルメーカーおすすめの粉石鹸は溶けなかったら面倒だし、そんなあなたに!みたいな液体洗剤は高いし・・・で、結局、洗濯屋の友達からもらった抗菌剤と、マグネシウム粒を使ってる(゚∀゚)

抗菌剤のメーカーはちょっと今わからないんだけど、子どもが生まれたときに使ったほうがいいよってもらったやつw

マグネシウムはAmazonで売ってて、もとは「洗たくまぐちゃん」って商品を買う予定が、それよりも大容量で安かったメーカー直売のホントに粒だけを、小さな洗濯ネットに入れて使ってる!

400gで約1400円の半分の200gを使ってて、効果が落ちたらクエン酸で表面を溶かすとまた使えて、だいたい1年くらい使えると噂…経済的━━ヽ(´∀`ヽ)!!!!そして部屋干ししても匂ってないYO━━v(´∀`*v)

余談だけど、柔軟剤は、成分表示が徹底されていないからアレルギーを起こすかもとか、国民生活センターに健康被害が寄せられているとか、皮膚から吸収して体内に蓄積されるとか、アメリカなどでは禁止の成分が日本の商品には入ってるとか、化学物質過敏症の原因になりうるとか、調べると根拠があるのかわからないけど不安を煽るような情報がいっぱいで、逆に考えるのがめんどいから使うのやめちゃったけど、何も困らなかったっていう( ̄▽ ̄;)

「乾きにくく、生乾きのような匂いがとれない」の解決策

これも、思いっ切り上記参照(;^ω^)

あとは、乾かし方も、結構かかわってるかも!

前述の通り、部屋干しが中心だった我が家では、タオルの干し方にもこだわりがあって・・・

”基本的にハンガーで干してはいけない”

タオルをハンガーに干すと、ハンガーを挟んで前と後ろのタオルが重なる部分が乾きにくくない?外干しをしてるとあんまり気づかないかもだけど、タオルの端に比べて重なりやすいハンガー近くが圧倒的に乾かなくて、乾くまでに時間がかかることで菌が増えて匂いがするんだよね。

だから、うちでは、バスタオルは必ずピンチに干す。ただ、めっちゃ場所とるから、入りきらなかったフェイスタオルやハホニコなどの幅が狭いタオルは、ズボンを挟むため?の棒がついているハンガーに、タオルの端っこをひっかけたり洗濯バサミを使って、極力重ならないように干す!以上!!

ちなみに、タオルハンガーの場合は、1タオル1ハンガーでなくて2ハンガー使って、タオルの前後に空間ができるように干すのがおすすめだよ(`・ω・´)b

あとは、洗濯機の予約機能を使ってたりして、干すまでにも時間がかかっちゃうと臭くなりやすかったりしたけど・・・今のところ、うちでは臭いと思ったことはないかなー…

「美容師が”マイクロファイバーは手が乾燥して荒れるから使わない”と言っていたから、表記が偽り」の真偽

これはちょっとクリティカルシンキングの問題って感じでもあるけど(;・∀・)

まず、表記は「美容師さんが考えた 髪のためのタオル」で、企画段階で1人でも美容師が関わっていれば十分なので、真偽はわからないけど、偽りとは言えない(笑)

あと、”マイクロファイバーは手が荒れて使わない”も、ちょっと因果関係が微妙な所感。

マイクロファイバーだから手が乾燥して荒れるってよりは、水仕事とかで手が乾燥して荒れているところにマイクロファイバーを使うと、細かいさかむけとかが全部ひっかかって終わるっていうのは、雑魚いマイクロファイバーを使うと感じるところ。

うちは、冬にキャンプ行くから、気温10度以下の外で洗い物した後の濡れた手に、冷たく乾燥した風が当たって、寒くてそのままストーブで温めて…なんてやってると、一瞬で指紋がなくなるほど指の腹がひび割れだらけになるw

そんなときに雑魚いマイクロファイバーを使おうもんなら、全繊維が私の敵ってくらい、信じられないくらいひっかかる。持っていかれる。めっちゃ痛い。

けど、ハホニコは、表面はさらさらの絨毯みたいな手触りで全然ひっかからなかったから、大丈夫!安心して!!ъ(゚Д゚)

というわけで、まとめ↓

ハホニコのおすすめの使い方
  • タオルドライ専用タオルとして使う
  • 巻くときは、ねじらず、中心をずらして、重力に任せる
  • 柔軟剤は使わない
  • ハンガーに干さない

ちなみに私は、ママ友にプレゼントするくらい超お気に入りの商品だから、ぜひ試して感動してほしいー(*ノωノ)

じゃ、まったね~(´∀`*)ノシ バイバイ

コメント

タイトルとURLをコピーしました