【出産準備3】陣痛タクシーを比較・登録「おすすめはコレ!(東京23区)」

こんにちは、モンテ・ママことエミリーです(ゝω・)

今回は、産院の母親学級で、先輩ママが実際に使ったと教えてくれた、陣痛タクシーを比較・登録してみました!

母親学級のレポはこちら>>>【出産準備1】産院の母親学級「お産」クラスに参加してみた

 

陣痛タクシーは、事前に、出産予定日や、お迎え先住所、病院の住所などを登録しておき、陣痛のときに優先的にタクシーを配車してもらうサービスです。

一般的なタクシーである乗車拒否の心配がなかったり、破水時にクリーニング代は請求されないため、登録する妊婦さんが多いようです。

 

今回の基準は、もともとは何もなかったのですが、結果的に「手ぶらで乗れるか否か」に落ち着きました!

料金は、基本的に時間予約でなければ通常の迎車料金がかかるだけで、410円なのか310円なのかという100円の差額は、陣痛時にどうでもいいかと^^;

 

そして、結論から言うと、唯一 ”手ぶらで乗れる” kmタクシーの「マタニティ・マイタクシー」一択です!

 

選考の過程は以下。。。(笑)

まず初めに、検索順位でもトップに出てくる、日本交通の「陣痛タクシー」に登録しました。

というのも、旦那さんが日本交通の黒タク信者だからですwww

独身時代、山手線の内側に住み、ベンチャー企業で毎日残業して、タクシーに乗りまくっていた人が、1番信頼できるというブランド、信用しますw

さらに、ホームページで、「マタニティギフトをお届け」という文字が目にとまり、とりあえず、登録しますよね!( ・`ω・´)b←

 

複数登録しておこうかなーとも思いましたが、登録する際の記入項目が多くて、問題なければ、もうここだけでいっかと思っていました!

病院の住所の登録はもちろんですが、お迎え先住所が2箇所登録でき、間違えて任意の項目に記入して消しても、エラーで登録できなくなってしまうという、ちょっと面倒な仕様になっていたので(´・ω・`)

 

ところが、残念ながら、問題発生です。。。

 

登録当日に自動返信メールに以下が記載されていました。

お申し込みが集中した場合「出産予定日」が近い方を優先に登録させて頂いております。
登録完了メールのご連絡まで1週間ほどかかる場合がございますので、
ご了承を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

出産予定日はまだ先なので、全然OKと思って待つこと8日、登録完了メールが届きました~

 

ただ、そのメールに記載されていた「大きめのバスタオル、ビニールシート等をご用意ください。」

…え、ビニールシート?等って何?

ホームページには、「万が一シートが汚れてしまってもクリーニング代などの費用はいただきません。」と記載されているのに…?

つまり、「費用はとらないけど、汚さないように、いろいろ気を使って持ってきてね!」というメッセージなのか?(゚д゚)←

ちなみに、私は、タオルや入院着のレンタルサービスを利用する予定で、バスタオルを持って行く予定はありません。日額360円で、入院着もタオルも”実質”使い放題なんで(๑•̀ㅁ•́๑)✧

というわけで、何の用意もいらない陣痛タクシーを調べなおすことに。。。

 

そこで見つけたのが、kmタクシーの「マタニティ・マイタクシー

ホームページには、「防水シートを完備。除菌・消臭を行った車でお迎えに上がります。」と。

防水シートなら、ビニールシートを持って行く必要ないよね!

ビニールシート不要とは明記されていませんが、必要と書かれていないので…

他の事業者にはないサービスだから、絶対もっとアピールしたほうがいいと思う(;゚∀゚)www

 

というわけで、本命はkmのマタニティ・マイタクシー、日本交通の陣痛タクシーは「マタニティギフトありがとう!普段は黒タク使うね!!」という思いで、ギフトの到着を待とうと思います(*ノω・*)テヘ

Leave a Reply