【0歳のつまむ遊び】キッチンペーパースタンドで輪投げを作ってみた

こんにちは、モンテ・ママことエミリーです(*˘︶˘*)

今回は、作ったには入らない?100均のキッチンペーパースタンドを使ったおもちゃをご紹介します。

赤ちゃんが6ヶ月頃おすわりができるようになったら、キッチンペーパースタンドに、ゴムを通したり、動かしたりして、指先でつまむ練習をします。

手は、産まれたときは前足状態ですが、指を1本1本使うことで、手としての機能を持つようになり、それに従って知能も発達するので、いろいろな材質・サイズのものをつまめるようになってほしいですね(〃∇〃)

キッチンペーパースタンドも、ゴムも100均に売っている上、特に作り込む必要もなく、手軽に始められるのでオススメです( ・`ω・´)b

私は、セリアで、木製のキッチンペーパースタンド(写真中央)と、パイルゴム(写真左)、スプリングゴム(写真右)を買いました!

0歳 おもちゃ 輪投げ 材料 手作り 100均

ただ、木製のキッチンペーパースタンドと、スプリングゴムは、最近取り扱っている100均が減っているようです…

店舗の規模にもよると思いますが、ダイソーやキャンドゥでは、ほとんど見かけず、大型のセリアで見つけて即買いでしたヽ(゚∀゚)ノ

パイルゴムはキャンドゥでも取り扱いがありますが…以前と比べて色が偏っている気が(´・ω・`)

スプリングゴムとパイルゴムは、材質の違いでやりやすい・やりにくいとかあるかなーと思って、買ってみただけなので、片方だけでもいいと思います~

 

また、木製のキッチンペーパースタンドは、自分でネジ留めをするタイプでした(✽ ゚д゚ ✽)

おそらく標準サイズのプラスネジだと思いますが、うちには小さいプラスドライバーしかなかったので、マイナスドライバーで代用しました^^;

0歳 ゴム おもちゃ 手作り 100均 輪投げ

また、表面が少しザラザラしているところもあるので、気になる方は、仕上げ用の細かめの紙やすりで磨くと、スベスベな木目になると思います。

 

私は、ゴムを通したり抜いたりするよりも、上下に移動させる方がハマりましたΣ(´∀`;)
1本ずつ上に動かして、最後に全部下に動かしたり、今度は2本ずつ動かしてみたり、つまみ方を変えてみたり…無心になれますwww

また、ゴムの内径が棒の外径とぴったりすぎると、ゴムを通すのが少し難しいかもしれません。

大人であれば片手で、ゴムを棒のてっぺんに乗せて上手く下まで通すことができますが、赤ちゃんは両手の指でゴムを広げて、通して、離すという手順を繰り返す必要があり、動きが複雑になります。

難易度を下げるには、ゴムのサイズを大きくして、輪投げのように上から落とせるようにするといいと思います。

ちなみに、両手の指でゴムを広げるのができるようになると、靴下を履くのが上手になるそうです^^;w

0歳 ゴム おもちゃ 手作り 100均 輪投げ

また、私はパイルゴムよりもスプリングゴムが気に入りました❤(ӦvӦ。)

つまんだときのムニュっと曲がる感触や、指を通したときにグルグルに締まる感覚が、日常生活の中でも珍しく、いっぱいつまんだり握ったり引っ張ったりしてみてほしいなーと思います(*´∀`)

Leave a Reply